リハビリテーション


当デイケアは「利用者様の生活にいかせるようなリハ」を目指しています。

そこで、大きく分けて4種類のリハを組み合わせたリハビリテーションをしていきます。

❶個別リハビリテーション

 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による個別のリハビリテーションを行います。 

❷選択リハビリテーション

 利用者様の日常生活のニーズに合わせ、リハビリテーションメニューを選択できます。

 例)園芸、買い物、趣味(絵画、将棋、書道など)、料理など

❸集団リハビリテーション

 その日の利用者様が全員でリハビリテーションを行います。

❹自主トレーニング

 マシンやパソコンなど、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、利用者様の状況に合わせたメニュー

 を作成し、それを利用者様ご自身で自主トレーニングしていきます。

  *リハビリテーションで使用するマシンはコチラ

設備

当デイケアは全体的にふんだんに外の光を取り入れ、明るく、かつ様々な場面においてリハビリテーションになるよう機能的な創りになっています。 細かなこだわりをいくつかご紹介します。

 

❶階段

当デイケアの玄関には、段差があります。

もちろん出入りの際には、車椅子が必要な利用者様も含め、デイケアスタッフが介助または見守りに当たります。

 この他にも、施設内には段差のある個所があり、社会生活により近い状況にしていますが、職員が十分に安全配慮をした上でリハビリテーションの一環としています。

❷お風呂

当デイケアでお風呂は、単に衛生的になっていただくだけにとどまらず、ご家庭での入浴や機能回復の機会 と捉えています。このため、

 1)ご家庭でも使える福祉用具を使用し、ご家庭でも安全に入浴していただけるよう練習します。
 2)介助から見守りへ:改善できる機能の回復を図るよう、最小限の援助にとどめます。

 3)体調に合わせて、入浴<=>シャワー浴 を選択できます。

 

❸トイレ

当クリニックには、・健常者用のトイレ2か所 ・身体障がい者用トイレ2か所 が設置してあります。

そして、これらを利用者さんの障がいの程度やご希望に合わせて使い分け、障がい者用のトイレ利用においては、介助ではなく見守りを行っています。また、健常者用トイレの利用訓練も行っています。